夢日記254 ~ 感動の挨拶 ~

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
 理科のM先生(20代・男性)と私と約10名の生徒たちで、船旅をしながらの勉強合宿をおこなった。合宿最終日の別れの場面で、生徒たちはもう入試と卒業式しか残されてないことを改めて感じ、ことばを発することができず、重い空気が漂っていた。 そんな中、リーダーの生徒が声を震わせながら合宿のまとめを話し、最後に涙をこらえながら「さようなら」と言った。それに続いて、他の生徒たちも順番に、涙をこらえながら「さようなら」と言った。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました