離乳食ではんぺんを食べさせてもいい?進め方や下処理方法、幼児期の手づかみメニューを紹介

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次はんぺんは離乳食終了の幼児期に食べさせてもいい量の目安はんぺんの下処理方法はんぺんを使った幼児期の手づかみメニューこんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今日は、おでんやお鍋に入れるとふんわりとした食感を楽しめる「はんぺん」。軟らかいので赤ちゃんも食べやすそうなはんぺん。今回は、はんぺんはいつから食べられるか?食べさせる時の注意点やレシピを紹介します。
はんぺんは離乳食終了の幼児期に
はんぺんは、やわらかくて食べやすく、主原料は白身魚。一見、赤ちゃん向きのように思いますが、大人向けの加工食品です。塩や砂糖などの調味料が入っているので、赤ちゃんにとってはまだ強めのお味。ですので、使うのなら離乳食期が終了し、幼児期になってからをおススメします。
最初は下茹でなどの下処理をして
幼児期になり、最初に食べるときは鍋にお湯を沸かしぐつぐつと下茹でしてみましょう。そうすると、塩分などの少し味が薄まります。はんぺんには、ふっくらさせるために山芋や卵白が使われています。山芋と卵はアレルギー食品27品目に分類されている食品ですので、お子さんにアレルギーがある場合は配慮が必要です。
そのまま食べられるようになるのはいつ?
はんぺんをそのまま食べられるようになるのは、3歳頃を目安にしましょう。うちの子もそうですが、はんぺんは食べやすいのでパクパク食べてしまいがちですが、塩分が気になるとこ

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました