保護者の「見えない」不安を解消するコロナ時代の保護者対応術

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
今年度は保護者会や家庭訪問などが中止になった学校も多く、オンラインで面談を行うなど、保護者とのコミュニケーションのとり方も様変わりしています。コロナ時代、保護者とどう連携をとればよいのか、保護者対応のプロが解説します。

執筆/新潟大学附属長岡小学校教諭・畠山明大

イラストAC

「見えない」という不安

「本当に3密は回避できているのでしょうか」「学校には通わせたいけれど、感染が……」「学習の遅れは取り戻せるのですか?」「学校行事がなくなって子供がかわいそう」「クラスターになったら、また休校ですか?」「オンライン授業を子供だけでは不安です」

新型コロナウイルス関連のニュースが毎日のように報道され、学校でも感染防止対策が進んでいます。そのような中で、冒頭にご紹介したような保護者からの不安や要望が、みなさんの学校にも寄せられているかもしれません。

例えば、「勉強の遅れが心配」「行事が中止で勉強ばかりはかわいそう」……。

このような不安が保護者から寄せられたならば、学校はどのように対応すればよいでしょうか? ある保護者からは「勉強して!」と言われ、もう一方からは「勉強漬けにしないで!」と言われているのです。どちらの保護者の言い分もよく分かりますから、悩むところです。

学校に寄せられる保護者からの不安は、一見バラバラに見えて、実は根底で共通してい

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました