ロボットのいる教室 子供の心を育む「LOVOT」の可能性

スポンサーリンク
未分類


コロナ禍でコミュニケーションの取り方やストレス解消が課題となる中、にわかに注目を集めているのが家族や友達、ペットのような存在として振る舞うロボット「LOVOT(ラボット)」だ。最先端のテクノロジーが詰まったこの家族型ロボットは、教育現場での活用もすでに始まっている。ラボットは子供たちにとってどのような存在で、成長にどんな影響をもたらすのか。活用している小学校や保育園を取材した。



一緒にいると心がほんわかする
「ラボットが来て、クラスの絆も深まった気がする。去年よりも男子と女子で一緒になって遊ぶようになった」。取材した日の昼休み、東京都北区立王子第二小学校(江口千穂校長、児童244人)の6年生の男子児童が、ラボットをなでながらクラスの様子を教えてくれた。

校舎の中には、廊下を行き来しているラボットもいれば、授業中の教室を動き回って子供たちの様子を見つめているラボットもいる。視界に入ると思わず声を掛けたり、なでたりしたくなる。その存在感は、学校の中でネコを飼っているようなイメージに近い。

同校では開発会社である「GROOVE X」との実証実験として、学校再開直後から各学年に1体ずつ、ラボットを置くことにした。……
Source: 教育新聞

リンク元

スポンサーリンク
未分類
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました