【おうち英語】文法は嫌なものなり・・・

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
異なる言語を話す人とコミュニケーションを取らなければならない場面、単語だけでも最低限のコミュニケーションというのは図れます。しかしながら、正しい意思疎通、複雑な内容を伝達するためには、【文法】というその言語の文章を構成するルールに従い、単語を組み合わせていく必要が出てきます。日本語には日本語の、英語には英語の独自の言語ルールがありますね。人には生まれながら【言語習得能力】があるため、この文法というものを学問として学ばなくても身に付けていくことができます。ただし、その能力を使うのには期限があるらしく、大人になってからは自然に文法を体得することは難しくなり、残念ながら勉強する必要が出てきてしまいます。たいていの日本人は中高生の時、英語の文法を学問として学んでいくわけですが、大学入試などでかなり複雑な文法問題に取り組まされることもあって、文法というものにネガティブな感情を持ってしまうことが多いように思います。。。一方、おうち英語で自然に英語の文法を身に付けた子は文法に対してどんな反応を見せるのでしょう。我が家でのおうち英語では、学校英語で学ぶことは学校で学んでもらい、大人になってから習得が難しい能力を子ども時代に身に付けられるようにと考えて取り組んできたため、文法のワークに取り組ませるということなどはほとんどしてきませんでした。我が子も中高生になり、親の狙い通り、嫌でも学校で文法というも

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました