海外ではメジャーな「演劇教育」を取り入れた“ACT芸能進学校”って?

幼稚園・小学校
「不確実な時代」と呼ばれて久しい昨今。そんな状況にあっても、子どもには自分らしい輝く人生を送ってほしいと思いませんか? 「演劇教育」は、総合的な人間力を伸ばし、個性を活かして生きる能力を養います。「演劇教育」が新しい習い事として注目される今、ACT芸能進学校が2020年10月に開校します。
子どもの個性、どう伸ばしますか?
今年度より、小学校で英語とプログラミングが必修科目となりました。将来、今以上にグローバル化・IT化が進むと予想される以上、英語とコンピュータ・リテラシーの教育は欠かせません。しかし、それだけでいいのでしょうか?
今の社会は、過去と比べ物にならないほど多様化・複雑化し、先行きが見えにくくなっています。子どもたちが大人になるころには、さらに予測困難な社会となっているでしょう。不確実な時代に生きる子どもたちに必要なのは、どんな変化にも対応できる想像力・企画力・実行力や、自分の考えを表現し伝えるコミュニケーション能力、他人と協働して課題解決にあたるチームワーク力ではないでしょうか? 現代社会に役立つ実践的な能力だけでなく、人間としての総合能力を身につけてこそ、どんな時代でも自分らしく個性的に生きることができます。
個性や自分らしさは、人との関わり合いの中で自然に形成されるため、かつては教育の対象とは考えられていませんでした。しかし、現在のスピード社会では、自身を振り返

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました