帰国生受け入れ校からのメッセージ 頌栄女子学院中学校・高等学校

スポンサーリンク
受験情報
この情報は2021年度入試に関する内容です。
Q.帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。
A.5つのホームルームクラスのうち、3クラスが一般生と帰国生の混合、2クラスが一般生クラスです。英語の授業は帰国生と一般生を分けていますが、英語以外の教科は全てホームルーム単位の授業です。
Q.帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。
A.高校1年までは帰国生と一般生を分けて授業をしています。中学校では、英語に週6時間が配当されており、うち2時間は日本人教員、4時間はnative speakerの教員による授業となります。英語のクラスは帰国生のみの少人数制です。高校1年では、週6時間を配当(うち2時間がnative speakerによる授業)。中学校同様に帰国生のみの少人数クラスです。高校2・3年生では、学年を習熟度別に4クラスあるいは3クラスに分け、生徒個々の到達度に応じた効果的な学習指導を実施しています。習熟度別編成のクラス分けは、年に数回行います。
Q.帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。
A.各教科で必要に応じて行っておりますが、本人の負担にならないように配慮しています。例年、中学1年では国語は週1回放課後に、数学は試験前後に集中的に行っております。
Q.帰国生の進学実績をお教えください。
A.<

リンク元

スポンサーリンク
受験情報
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました