「いい夫婦の日(11月22日)」に入籍する人が多い理由は? 当日の過ごし方から、おすすめのプレゼントまで

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次いい夫婦の日とはいい夫婦の日に入籍する人が多い理由いい夫婦の日のキャンペーン・イベントいい夫婦の日に何する? 過ごし方のおすすめいい夫婦の日のプレゼントのおすすめいい夫婦の日に「ありがとう」を伝えようカップルや夫婦に人気の「いい夫婦の日」。11月22日に、「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」として、著名人夫婦が発表されると、毎年話題になりますね。当記事では、いい夫婦の日の由来や、いい夫婦の日に入籍する人が多い理由について探ってみましょう。また、「いい夫婦 川柳コンテスト2020」などのいい夫婦の日のキャンペーンやイベントをはじめ、当日おすすめの過ごし方や、いい夫婦の日に贈りたいおすすめプレゼントもご紹介します。
いい夫婦の日とは
カップルや夫婦に人気の「いい夫婦の日」
 
毎年11月22日は、語呂合わせで「いい夫婦の日」に制定されています。そのきっかけは、労働省(現在の厚生労働省)が1985年に11月を「ゆとりの創造月間」としたことにあるといわれています。その後、1988年に財団法人余暇開発センター(現在は公益財団法人日本生産性本部)が、夫婦で余暇を楽しむライフスタイルを提案し、「いい夫婦の日」が制定されたのです。
それから1998年には「いい夫婦の日をすすめる会」が設立され、多くの企業も賛同。「いい夫婦の日」は、祝日ではありませんが、日本中の夫婦にすてきな関係

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました