映画『461個のおべんとう』にママたちは共感必至!井ノ原快彦と道枝駿佑が紡ぐ、ぎこちない親子愛

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次親子の距離感を縮めたのは、井ノ原快彦が下した「敬語禁止令」コロナ禍に響く、当たり前の日常の豊かさ©2020「461個のおべんとう」製作委員会
V6の井ノ原快彦と関西ジャニーズJr.のユニット「なにわ男子」の道枝駿佑が親子役で共演した映画『461個のおべんとう』が、本日11月6日より公開されました。本作はママたちをはじめ、普段から家族のためにおべんとうを作っている人たちへの感謝を込めた、ハートウォーミングな感動作です。
原作は、TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美によるエッセイで、井ノ原さんは、渡辺さんをモデルにしたシングルファーザーでミュージシャンの主人公、鈴本一樹役を、道枝さんは多感な高校生の息子、虹輝役を好演。初共演となった2人ですが、ナチュラルな掛け合いがすばらしいです。
妻と離婚後に一人息子を引き取り、息子が高校生になってからの3年間、毎日おべんとうを作り続けた一樹。そう、タイトルの『461個のおべんとう』は、ママではなく、パパが高校生の息子のために、毎日作ったおべんとうのことでした。
親子の距離感を縮めたのは、井ノ原快彦が下した「敬語禁止令」
©2020「461個のおべんとう」製作委員会
ジャニーズ事務所の先輩、後輩でもある井ノ原さんと道枝くん。井ノ原さんといえば、ずっと第一線を闊歩してきたアイドルでありつつ、主演ドラマ「特捜9」など俳優業も好調で、司会者

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました