未来の森林の姿を提案 中学生がワークショップ

未分類
森林空間を活用した教育の可能性を模索するため、林野庁はこのほど、中学生が2050年の森林の姿を考えるワークショップを都内で実施した。生徒らは、森林を都会に暮らす人にも身近に感じてもらうためのアイデアなどを提案した。

ワークショップは、同庁が今年9月に立ち上げた「森林空間を活用した教育イノベーション検討委員会」の活動の一環。……
Source: 教育新聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました