「兎」を使った名前は古風で神秘的! 漢字の由来や意味、兎にまつわる伝説を徹底解説

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次「兎」の成り立ち兎を使った名前にはどんな意味があるの?兎にまつわる数々の伝説名付けのポイント「兎」を使ったおすすめの名前「兎」にはいろいろな意味が込められます名前に使われる漢字としては珍しい印象の「兎」ですが、近年では名付けに人気が出ています。由来をたどってみると、「兎」は実は神話とも縁深い由緒ある漢字でした。今回は「兎」の由来や意味を詳しく解説、また「兎」が古来よりどのように扱われてきたのかご紹介します。
「兎」の成り立ち
「兎」は動物のうさぎの姿かたちをあらわす文字がルーツの象形文字です。訓読みは「うさぎ」、音読みでは「と」「つ」と発音するほかに「う」とも読みます。またある伝説から月を意味する漢字としても知られています。
兎を使った名前にはどんな意味があるの?
古風で神秘的な由来を持つ兎という文字は、名前ではどのような意味になるのでしょうか。
まず動物としての兎の良く跳ねる、跳ぶという性質から、目標に向かって飛躍するようにという意味が込められます。また、数々の伝説に登場する兎のエピソードから、賢さや勇気、慈悲深い人になってほしいという願いを込めることができるでしょう。
兎にまつわる数々の伝説
兎は古今東西のさまざまな伝説に登場する、神秘的な存在です。それらのエピソードが長じて、神として祀られたり、月の象徴的存在として語られたりするようになりました。兎を名前に取り入れれば、

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました