小6体育「体つくり運動~体の動きを高める運動~」指導のポイント

塾・教職ニュース
執筆/徳島県公立小学校教諭・島田正志、徳島県公立小学校教諭・前田浩史編集委員/ 前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、徳島県公立小学校教諭・花森誠二



授業づくりのポイント

高学年の体の動きを高める運動では、低・中学年で身に付けた体の動かし方を基に、体の柔らかさ、巧みな動き、力強い動き、動きを持続する能力を高めるための運動を行います。特に、この運動では、子供の発達の段階を考慮し、体の柔らかさや巧みさを高めることに重点が置かれています。しかし、運動経験の違いなどから「体が硬い」「うまく動けない」など苦手意識をもつ子供も見受けられます。そこで、苦手意識をもつ子であっても、友達と一緒に楽しめる場づくりやルールづくりを大切にしましょう。そして、全ての子供が自分の課題に合った運動ができるようにしましょう。

単元計画(例)

クリックすると、別ウィンドウで開きます

※2~4時間目は、いろいろな運動を行い課題に気付けるようにします。5・6時間目は、課題に応じた運動をします。

楽しむ① いろいろな運動を行い、体の動きを高めよう

ここでは、体の動きを高める運動に慣れることをねらいとしています。また、子供が自分の体力に目を向け、必要感をもって運動に取り組むことが大切になってきます。そのために、楽しみながら運動を行える場をいろいろ用意し、それぞれが意欲的に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました