地域住民と協働で課題解決型学習「シブヤ科」 東京・代々木中

スポンサーリンク
未分類
公立中学校と地域が協働でつくり上げる課題解決型学習――。「社会に開かれた教育課程」の実現に向け、各校が試行錯誤する中、渋谷区立代々木中学校(川上弘文校長、生徒388人)では3年前から「シブヤ科」という地域住民と共に行う課題解決型学習(PBL)に取り組んでいる。「シブヤ科」の学習を通して生徒たちが学んでいることや、地域社会と学校が協働して学びをつくっていくポイントについて、同校の川上校長、小間澤絢子教諭、同校の地域コーディネーター植野真由子さんに話を聞いた。
Source: 教育新聞

リンク元

スポンサーリンク
未分類
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました