スクールロイヤー【教育用語】

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
近年、いじめや不登校、体罰などの様々な問題が複雑化・困難化していますが、このような問題に対して、法律の専門家である弁護士が、法的側面から教育現場に対する相談や助言を行う「スクールロイヤー」の活用が期待されています。今回は「スクールロイヤー」を取り上げます。 

執筆/金沢大学准教授 ・鈴木 瞬



いじめ防止対策や保護者対応への期待

2019年9月には、文部科学大臣が約300人のスクールロイヤーの配置を目指すことを発表したことから、その社会的認知はますます高まっています。

現状では明確な定義のないスクールロイヤーですが、文部科学省のスクールロイヤー活用は、いじめ防止対策に主眼が置かれています。2017~2019年度にかけて実施された「いじめ防止等のためのスクールロイヤー活用に関する調査研究」では、弁護士が、専門的知識・経験に基づいて、法的側面からいじめ防止対策等にかかわることを目的としています。特に、「法的側面からのいじめ予防教育」や「学校における法的相談への対応」「法令に基づく(いじめ問題への)対応の徹底」が挙げられ、それらを通して、効率的な諸課題の解決に資する相談体制の整備が目指されています。

また、中央教育審議会の2019年の答申「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策に

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました