【シリーズ思考ツール】考える子どもを育てる! 21世紀型スキルのための「思考ツール」とは

スポンサーリンク
塾・教職ニュース


これからの時代に必要なスキル

2011年度にアメリカの小学校に入学した子供たちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう。産業競争力会議 雇用・人材・教育WG(第4回) 文部科学省提出資料

ニューヨーク市立大学教授、キャシー・デイビッドソン氏のあまりにも有名な予言からおよそ10年。それを裏付けるように、ITとユビキタス技術の加速度的な進化は、社会と経済に目まぐるしい変化を与え続けています。常に新しく創出される産業や経済価値。これに対応していくため、これからの子どもたちには21世紀型のスキルが必要と言われています。

21世紀型スキルとは?

国際団体”ATC21s( 21世紀型スキル効果測定プロジェクト )”は、21世紀型スキルを以下のように提言しています。日本国内でも、内閣府が「人間力」、経産省が「社会人基礎力」などとして提言を行っていますが、いずれも内容的には、こちらの異口同音であると言えます。

○思考の方法(Ways of Thinking)・創造性とイノベーション・批判的思考、問題解決、意思決定・学習能力、メタ認知○仕事の方法(Ways of Working) ・コミュニケーション ・コラボレーション(チームワーク)○ 仕事の道具(Tools of Working) ・情報リテラシー ・情報コミュニケーション技術(ICT

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました