コ〇ナ感染症に関する一般のイメージと医師のイメージの違い

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
コ〇ナ感染症に関する一般のイメージと医師のイメージの違い
コ〇ナ感染症に関する一般のイメージと医師のイメージがあまりにも違いすぎるとして話題になっています。



googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1567409033325-0'); });




googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1567409060021-0'); });










ネットの反応
私は40代で軽症。風邪気味?の症状でした(米国在住なので陽性検査は無料で受けられます)息苦しさもなし、咳もほとんどなく。待機期間を終えた翌週からまさかの後遺症で1ヶ月の間に何度も救急に駆け込み。専門医に送られても治療は出来なく。現在、4ヶ月目。今も後遺症と共にいます
— OakMaple (恵)@創作メイン垢 (@OakMaple2) July 20, 2021

ですよね。毎日公表される、重症患者数なんて、病院によって、なんか違うんじゃないかと思ってます。呼吸器使う、エクモ使う、というだけの基準なのか?どうか?諸外国と同じレベルなのか?
— ルッコラ (@honkinin

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました