GIGAスクール1人1台端末を活用した「共同編集」による学びづくり【第4回】議事録を取る時のコツとは?

スポンサーリンク
塾・教職ニュース


1人1台端末を活用して豊かな学びを生み出す上で、最も重要なキーワードのひとつが「共同編集」です。クラウド環境の強みを活かした共同編集によって、子どもたちの学びはもちろん、教職員研修や会議が驚くほど変わっていきます。新しい学びの可能性を示す全5回の連載、第4回をお届けします。

学校では、議事録を作成する場面があります。例えば、職員会議や授業研究会、校長講話などです。議事録を共同編集することで、リアルタイムでより詳細かつ正確な議事録を作成することができます。また、記入した内容を参加できなかった人にも簡単に共有することができます。議事録を作成する際には、いくつか役割を決めておくとより効率的に議事録をとることができます。今回は、共同編集で議事録をとる際のコツをご紹介します。

監修/東北大学大学院情報科学研究科教授・堀田龍也、信州大学学術研究院教育学系助教・佐藤和紀、 常葉大学教育学部専任講師・三井一希


ほりた・たつや。1964年熊本県生まれ。.東京都公立小学校教諭を経て、教育工学を専門とする研究者となる。中央教育審議会にて現行学習指導要領の策定に関わり、ICT関連の内容に寄与。「学校におけるICT環境整備のあり方に関する有識者会議」座長を務め、方針をとりまとめた。


さとう・かずのり。1980年⻑野県出身。東北大学大学院情報科学研究科修了、博士(情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました