小学校の「コロナ対応」現場教師たちのトライ&エラー実録

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
学校再開から4か月。コロナ禍という初めての事態に、先生方も右往左往しながら日々を過ごしてきました。全国の先生方はコロナ対応上、どのような悩みや苦労を抱えて、どのように解決してきたのでしょうか。学校現場の声をつぶさに取材します。

写真AC

子供の理解は置き去りにしても内容を進めなければ、という雰囲気


東京都男性教諭(40代)


春の急な休校についてはよく覚えています。発表当日、職員室で「ネットですごいことになっているよ」と言われ、テレビをつけたところ、「一斉休校」と言われ、みんなで驚きました。

管理職も当然、知りませんでしたから、何も指示されないまま、その日は終わったのです。翌日に校長会があり、教育委員会との調整などもあったと思いますが、「学校は週明け月曜日の午前中まで行い、そのときまでに子供に配付する課題を準備しよう」という話がありました。

実はその日は、私が担任をする六年生たちを送る会だったのですが、校長会の中での話を受け、全校児童が集まっての会ではなく、体育館に六年生だけがいて、そこに一~五年生が順番に入ってきて発表会を行うような感じになりました。

そういうことしかできなかったのですが、六年生たちはやってくれた小さい子供たちに感謝をしていました。

卒業式もできるのかどうか不安でしたが、式は休業の後、短縮で行うということで、その

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました