乳腺炎にはマッサージが有効? 自己流は注意!メリット・デメリットから治療法まで【助産師監修】

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次乳腺炎の予防にはマッサージがいい?乳腺炎とは?マッサージが乳腺炎予防にいいといわれる理由乳腺炎の予防に自己流マッサージは危険乳腺炎になったら乳腺炎の治療法乳腺炎になったら病院へ「おっぱいが痛い」、「胸が熱い感じがする…」このような症状は授乳中のママによくあることですが、もしかするとそれは「乳腺炎」かもしれません。そこでこの記事では、乳腺炎の症状や原因、治療法をはじめ、マッサージが乳腺炎予防にいいといわれる理由などを解説していきます。
その胸の痛み、乳腺炎かも?
乳腺炎の予防にはマッサージがいい?
乳腺炎についてどんなことを知っていますか。乳腺炎を予防するにはマッサージがよいといわれていますが、本当でしょうか。これから、乳腺炎とマッサージについて説明していきましょう。
乳腺炎とは?
「乳腺炎」とは、母乳をつくり、分泌する「乳腺」が何かしらの理由で炎症を起こしている状態のことをいいます。母乳育児を行なっているママに起こりやすい病気です。
原因と種類
乳腺炎には「うっ滞性乳腺炎」と「化膿性乳腺炎」の2種類あります。
うっ滞性乳腺炎
「うっ滞性乳腺炎」は、母乳の通り道である乳管が詰まることにより、母乳が乳房内に溜まることで起きます。原因としては、
乳管が十分に開いていないこと
赤ちゃんの母乳を飲む力がまだ弱いこと
授乳や搾乳の間隔が空いてしまい母乳がたまりやすくなった状態
などが考

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました