無意味な英語学習法を続けていたあの頃は、今の私にとっては宝物です

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
こんばんは、いくぱぱです。久しぶりに風邪をひいてしまったようです。少し耳と喉が痛いです。まだほんの初期症状で、熱も出ていませんので、今日はあったかくして寝て、睡眠で一気に完治させようと思っています。さて、言語力を鍛える三日目。今日は言語のシャワーを浴び続けるということですけども、少し最近気がかりなことがあります。それは音声の読み上げを使うと誤読などあまり良い日本語に触れていないということです。機械読み上げですと抑揚があまりありませんので、言葉としては頭に残りづらくなります。とても美しいフレーズなども、機械読み上げですと流れてしまいます。手っ取り早く内容を知りたい時にはとても良い方法なのですが、実は無意識への取り込みなどを考えるとあまり効率の良い方法ではないのかもしれません。塾長は最近オーディブルを使っているということですけども、こちらの方が圧倒的に聴きやすく、印象的なフレーズなども残りやすいので、少し経費はかかりますが、やり方を変えようかなーと思ったりしました。あとは言語に触れる機会で圧倒的に多いのは、会話です。独り言など、自分との会話も大事なのですが、それと同時にやはり不特定多数の人と会話することで様々な言葉の癖などに触れることで、とても印象的なフレーズと受け取ったりすることも多いので、やはり会話の機会というのは大事なんだろうなぁと思っています。あと、英語ですが、語彙がまだ十分で

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました