(鉄筆)政府は10月27日、2020年版の自殺対策……

スポンサーリンク
未分類
政府は10月27日、2020年版の自殺対策白書を閣議決定し、その内容を公表した。19年度の自殺者数が前年度と比べ減少して10年連続の減少をみせる中、注目されるのは年齢別の自殺者および自殺死亡率で10~19歳の年代が増加し続けているという結果である。この年代は自殺が死因順位の第1位となっている。

これらの数字は、先日この稿でも取り上げたユニセフが行った「子どもの幸福度ランキング」における「精神的幸福度」で日本の子供が参加国38カ国中37位という結果にも反映している。この白書の数字は昨年度のものであって、コロナ禍が続く今年度ではさらにその数の増加が予想される。

子供の自殺の原因について、かつてはすぐにいじめに結び付ける傾向があったが、最近ではいじめのほか、性格、精神疾患、親との死別や離婚など家庭内の環境の変化によるものなど、多感な年代であるが故の複合的要因によるものと指摘されることが多い。……
Source: 教育新聞

リンク元

スポンサーリンク
未分類
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました