開校から1年、コロナに負けず日本語を学ぶ──ミャンマーの日本語教室から

スポンサーリンク
塾・教職ニュース

開校から1年あまりが経過したヤンゴンの語学学校、アミクスグローバルミャンマー・ランゲージセンター。今年2月から「ミャンマーの日本語教室から」という副題で、現地の様子をお伝えしています。新型コロナウイルスの感染拡大はなかなかいい方向に向かいませんが、学生は日本で働くことを目ざして前向きに学習に取り組んでいます。今回は9、10月2カ月間の様子を同校日本語主任の渡辺幸子先生に日記風に伝えてもらいました。(NJ編集部)
2020年9・10月のミャンマー便り
9月7日(月)
会話コース、続行決定! 参加希望の学生がどれくらいいるのか確かめつつ、コース内容を検討中です。ためになる授業、楽しい授業になるようにしっかり内容を練りたいと思います! もちろん、既存コースの学生は『できる日本語』を勉強中です。こちらもしっかり身につくように、ミャンマー人の先生とも協力して進めてまいりたいと思います。
9月10日(木)
落ち着きを見せていたミャンマー国内のコロナ感染の状況。しかし、ここ最近はヤンゴン市内で感染者が急激に増加しており、自宅待機措置命令のエリアが発表されるようになりました。今日大使館から届いたメールでは、自宅待機措置になるエリアが大幅に拡大されました。早く落ち着きを取り戻せますように。
9月14日(月)
会話コース再開! 今回もグループレッスンと個人レッスンの2本立てで進めてまいります。今日授

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました