2021年度 海外・帰国生中学入試ガイダンス その7

スポンサーリンク
受験情報
第7回目は「受験アドバイス その3 面接試験のポイント・作文試験のポイント」です。
 
面接試験のポイント
入試における面接試験の評価ポイントは、一般的に次のようにまとめることができます。
《 身だしなみ 》
外見だけで人を判断するべきではありませんが、外見がその人の第一印象を決める重要ポイントであることも事実です。日本の文化、習慣=常識として、公の場に出る際の服装や頭髪などについては、その場にふさわしい身だしなみを心がけましょう。それが相手に対する敬意を示すことにもなるのです。
《 面接官はここを確認する …… 生徒 》
(1) 学力検査や調査書では測れない受験生の人格や性格、意欲などを見る。
(2) 事前に提出した調査書の書類などにある疑問点を解消する。
(3) 受験生の入学する意志を直接確認する。
(4) 受験生が校風になじめるか、校則を守れるかなどを確認する。
《 面接官はここを確認する …… 保護者 》
(1) 家庭環境や親子関係から、受験生の人格や性格への影響をみる。
(2) 保護者の校風や教育方針の理解度から、受験生の学校に対する適合性をみる。
保護者同伴の面接において保護者が気をつけるべきポイントとしてはいくつかありますが、最も気をつけるべき点は、面接官が受験生に対して質問したことに、助け舟のつもりで横から答えてしまわないようにするという点です。また、基本的に、保護

リンク元

スポンサーリンク
受験情報
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました