密を避けつつ「主体的・対話的で深い学び」を実現する<導入・展開・終末>の工夫

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
新型コロナウイルスの感染拡大によって、臨時休校、分散登校、授業短縮などイレギュラーな対応の中でのスタートとなった小学校の「新学習指導要領元年」。どのように「主体的・対話的で深い学び」を実現し、この難局を乗り越えていけばよいのか。國學院大學で教鞭をとる田村学教授に話を伺いました。



田村 学(たむら・まなぶ) 國學院大學人間開発学部初等教育学科教授。新潟大学教育学部卒業後、小学校教諭などを務め、平成28年度まで文部科学省初等中等教育局視学官。生活科・総合的な学習の時間の実践、カリキュラム研究に取り組んでいる。

意図的な場面設定により効果的な学びを促す

これまで「主体的・対話的で深い学び」を実現するために多くの学校がグループでのディスカッションや意見交換などに取り組んできました。しかし、今では安全上の観点から、それができません。

では、どのように「主体的・対話的で深い学び」を実現していけばよいのか。授業の「導入」「展開」「終末」それぞれの場面で以下の点を意識していただきたいと思います。

●導入

子ども自身が自発的に問題意識をもつことができる場面を、教員の意図的で組織的な指導により生み出します。複数の資料を見せることで、子どもたちが疑問をもつケースはこれまでもよく見られた光景です。問題の提示方法や場面・状況の設定など、ここで教員が指導力を発揮でき

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました