わが子の名前、もしや画数がよくない? 【イヴルルド遙華さん】に「プチ改名」について聞いた!

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次ネーミングが大事な時代よい名前と悪い名前、何が命運を分けるの?ニックネームやハンドルネーム、ブランド名などもイヴルルド先生からの開運アドバイスわが子の幸を呼び名にこめて
熟考した末のわが子の名前。人生は自分の手で切り開くものだから姓名判断なんて……などと思いつつ、わが子の名前の画数、実はちょっと気になったりしませんか?
もうつけてしまった名前だから今さら「よくない名前」などと言われても困る! というママ・パパに朗報です。「ニックネームや家族同士での呼び方を変えるだけでも効果がある」んです!  運の吉凶を分ける「名前」について、ちょこっと深堀りしてみました。
ネーミングが大事な時代
キラキラネームの是非が問われて、名より実、名前より本体が大事という風潮もある昨今ですが、SNSやインターネットを介して働き方や人間関係のつながり方が変化した今日、以前とは違う意味で「名前」が重要な役割を果たす時代となりました。
戸籍上の名前以外にハンドルネームやビジネスネームを持ち、仕事やコミュニティによっていくつかの名前を使い分ける人も増えています。SNSの個人アカウント名で多くの人とコミュニケーションをはかり、その名前が広く拡散されて認知される。そんな時代をママ・パパも生きていますから、次世代の子どもたちであればなおのこと。
今や「名前」は、戸籍上のそれとは別に、ソーシャルな通称を自分で命名でき

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました