「あたりめ」と「するめ」の違いは? 子どもも大人も大好きなあたりめ!おすすめの9選

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次するめとあたりめの違いいろんなシーンでおいしいあたりめあたりめの種類おすすめのあたりめ9選あたりめを家族でおいしく楽しもう
イカの干物であるあたりめですが、古くは平安時代の辞書にも載っており、昔から食べられてきた加工品です。現在でもおやつやおつまみとして、子どもから大人まで人気が高い食べ物の1つです。
長い歴史を持つあたりめは、多くの食品メーカーやお菓子メーカーからさまざまな商品が販売されてきました。イカを干したシンプルな食品でありながら奥が深く、商品によって違いもあります。するめとあたりめの違いや、おすすめのあたりめ商品を紹介します。
するめとあたりめの違い
するめとあたりめは同じ意味で、するめの「する」を嫌って言い換えられた言葉があたりめです。「する」は、博打で「する」や、お金を「する」を連想させるため、「当たり」に言い換えて「あたりめ」と呼ばれるようになりました。あたりめの原材料はスルメイカと呼ばれるイカが主流ですが、剣先イカやホタルイカの加工品もあたりめと呼ばれます。
いろんなシーンでおいしいあたりめ
噛めば噛むほど味が出てくるあたりめは、子どもから大人まで大好き。いろいろなシーンで楽しめるおやつです。
子どものおやつに
自然由来の体に優しい食品なので、子どもにも安心して与えられるおやつです。あたりめは硬く、しっかり噛まないと食べられないので、おいしく食べながら顎の

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました