通じない英語を作るのは別に日本だけではない

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
アメリカやオーストラリアの現地で英語を使い始めると、「えっ、これ和製英語だったのか?!」と気がつくことが多々あります。その中の1つが 「SNS」 という言葉。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました