小5国語「手塚治虫」指導アイデア

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教材名:「手塚治虫」東京書籍

指導事項:C [読むこと] カ言語活動:イ

執筆/福岡県公立小学校教諭・麦田真理編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、福岡県公立小学校校長・城戸祥次

写真AC

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

目的に応じて、複数の本や文章などを選んで、比べて読む力を育成します。

②言語活動とその特徴

本単元は、「伝記を読み、自分の生き方を考えて読書感想文を書く」という言語活動を位置付けます。伝記は、実在した人物について書かれてあり、筆者が感動したその人物の生き方を読み手に伝えるために、その人となりが明確に表れている出来事を取り上げて構成されています。

そのため、筆者によって取り上げられる出来事や捉える視点が異なるという特徴があります。そこで、教材文とは異なる人物の伝記はもちろん、同じ人物で筆者の異なる伝記などについても紹介し、1冊の本だけでなく、複数の本を比べながら読むことができるように促します。

また、伝記を読んで読書感想文を書くためには、伝記に取り上げられている出来事から、その人物の生き方を読み取ることや、人物の生き方と自分の考えを比べながら読むことが必要です。

教材文「手塚治虫」から、手塚治虫の生き方を読み取る過程を学び、3つの観点(「出来事とそこから感じる生き方」「人物が感

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました