11月定期テストこそ都立受験生の「戦略的行動」が重要なわけとは?

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
11月の定期テストは都立受験生にとっては「実質最後の定期テスト」となる。それは11月までの定期テスト結果で、3年生2学期の通知表が決定するから。そのため「全力で向き合う生徒」が今までで1番多くなる。最後だから、全受験生が取り組みやすいからこそ。しかし、残り約3ヶ月の受験勉強においてしっかり「今後の戦略」を見据えてこの定期テストへ向かわなければならない。それは定期テストも「1つの手段」であり、それを乗り越えたからと言ってもゴールへ向かっていなければ仕方ないから。そこで都立受験生が辿る主な「受験戦略」について確認していこう。主な受験戦略は「3つ」ある。①都立受検(推薦,一般)②私立単願(併願優遇)③私立一般入試続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました