20020402 メモリ

塾・教職ニュース
 英語を日常に使っている人にとってメモリ*1とかマウス*2とかクリック*3というパソコン用の言葉に違和感を持たないのだろうか。日本語であれば学術用語や公文書などでは格調高さを示すために「大和言葉*4」を使わずに「漢語」を使おうとする。 日本語において公文書や技術文書、説明書などでは「思い出」ではなく漢語で「記憶」と普通は表記する。一方、memoryの意味は「思い出」でもあり、「記憶」でもあり、「記憶装置」でもある。日本語ではコンピュータ用の記憶装置を表すのに「メモリ」という外来語をわざわざ作って表記しているのに対して、英語では「思い出」という意味もある「memory」を記憶装置の名称として使っ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました