今やトレンド和菓子!「ようかん」で育脳・美容・ヘルシー!【榮太樓のお菓子歳時記】

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次羊羹のルーツは中国。お菓子ではなく点心として伝わりました羊羹の数え方知ってますか?手軽に楽しめる「ひとくち煉羊羹」は非常食や育脳おやつとしてもおすすめ低糖質、アミノ酸仕様…進化する羊羹ようかんに込めた伝統と進取の志和菓子には、季節や行事に合わせて四季を楽しむ日本人の心が表されています。「白い黄金」と称された貴重な砂糖をつかった和菓子は、まず、富裕層向けに京都で発達し、将軍のお膝元である江戸に広まりました。 文政元年に、江戸・九段に出府を果たした榮太樓總本鋪。およそ160年前に、現在の日本橋の地に店を構えて営業を続け、創業200年を迎えました。和菓子を庶民に届け続けてきた榮太樓總本鋪がお届けする「和菓子歳時記」。ふだんの暮らしで親しんできた和菓子にまつわるエピソードをお楽しみください。

羊羹のルーツは中国。お菓子ではなく点心として伝わりました
和菓子の代表格の一つのように思われている「羊羹(ようかん)」ですが、意外にもそのルーツは中国大陸です。
それも汁物であったというから驚きです。「羊羹」の「羹」は、訓読みで「あつもの」と読み、とろみのある汁物のこと。中国では、「羊(ひつじ)」の肉やゼラチンをつかった汁物のことを指していました。
「前の失敗にこりて必要以上の用心をすること」をたとえた「羹(あつもの)に凝りて膾(なます)を吹く」ということわざがあります。これは、羹(肉や野菜を

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました