幼児は何歳から何歳まで? 小児の定義や保育園や幼稚園の幼児クラスについて解説

スポンサーリンク
幼稚園・小学校

子どもを表す言葉には「乳児」「幼児」「少年」「児童」などがあります。では「幼児」と「小児」は、それぞれ何歳から何歳までを指すのでしょうか? 医療用医薬品、交通機関やホテルなどでの「幼児」はどうなっているのでしょうか? 幼児の保育園と幼稚園のクラスは何になるのかなど、それぞれ見ていきましょう。
幼児は何歳から何歳まで?
「幼児」という言葉は、何歳から何歳までの子どもを指すのか、ご存知ですか?「幼児」「乳児」「児童」などの言葉は、児童福祉法で下記のように年齢が正確に決められています。
乳児
「乳児」は「1歳未満の子供」。母子保健法では、乳児は同じく「1歳未満の子供」ですが、出生後28日を経過しない乳児を「新生児」としています。
 
幼児
「幼児」は「1歳から小学校就学の始期に達するまで」と定められています。つまり1歳から小学校入学前の子どもを指します。
少年
「少年」は「小学校就学の始期から18歳に達するまで」。つまり小学校に入学してから18歳未満までの子どもがあてはまります。
 
児童
「児童」は「18歳未満の子供」を指します。つまり、乳児、幼児、少年をすべて含めた言葉となります。
小児は何歳から何歳まで?
「幼児」や「児童」などの言葉と同じように、子どもを表す言葉に「小児」があります。「小児」は何歳から何歳までの子どもを言うのでしょうか?
小児

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました