大阪府公立高トップ10校の「文理学科」合格に必要な力とは

幼稚園・小学校
 
大阪府立高校の文理学科がスタートした2011年度。2019年の入試からは、大阪府公立高校の中でも大学進学実績の高いトップ10校のうち、すでに文理学科のみの募集となっていた北野高校と天王寺高校以外の8校でも普通科が廃止され、全クラスが文理学科に一本化されました。文理学科設置から8年。北野高校が34年ぶりに京都大合格ランキング1位を獲得するなど、目に見えるかたちで成果が出始めています。
※トップ10校 北野、豊中、茨木、大手前、四條畷、高津、天王寺、生野、三国丘、岸和田
 
「文理学科」のさらなる拡充
 
文理学科とは、2011年春から設置された学科。大阪府教育委員会は、上記の10校をエリート人材育成に注力するための「グローバルリーダーズハイスクール」に認定するとともに、文理学科を設置。独自の進学カリキュラムと学習プログラムの導入によって、東大・京大をはじめとする難関国公立大学への合格率の向上が狙いです。
 
2015年度までは10校で各4クラスずつの募集が行われており、入試倍率も例年2~3倍と非常に高いものとなっていました。
 
このような流れの中、2016年度から、北野高校と天王寺高校においてさらなる文理学科の拡充されることになりました。この2校が選出されたのは、両校が特に高い進学実績をあげていると評価されたためです。
府教委

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました