小、中、高校で勉強する意味

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
小学校、中学校、高校で複雑な歴史、社会、科学、数学などを勉強するのは大人になって役立つから・私生活において知っておくべき常識だからではありません。役立つとしてもそれが大きな理由ではないです。高校生まで学校で勉強するのは大学へ入学するため・あなたの盾にするためだと私は考えています。小学生や中学生の時、一度は思いませんでしたか?😅「本能寺の変なんて勉強しても一生役立たないわ!」「理科か... 火山の事勉強しても意味なくね?」その通りDES‼️ 習ったこと全てを大人になってまで覚えておく必要なんて大してありません。つまり、習ったことを発揮するのは大学受験の時なのでは...? 大学に入るか入らないか、どこの大学にするかによって人生や目的地は変わりますよね。子供のうちに学校で一生懸命勉強をし記憶力・集中力・頭を使う力や、勉強への前向きな姿勢、何かを学ぶ能力を充分に得たぞ!とうことを大学受験などで証明するするためにも小学校、中学校、高校では勉強に取り組むことは必要なのかなと(私は勝手に)思っております。大学に入学し、卒業した後のための成功のカギとなるのでね。心に盾を構えておくと比較的どこ行っても安心ですよね。🛡続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました