扇状地とは? 日本で有名なのはどこ? 三角州との違いや果樹園が多い理由を解説【親子で社会科】

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次扇状地の意味扇状地のでき方扇状地の特徴扇状地と三角州の違い扇状地に果樹園が多い理由日本の有名な扇状地扇状地は、地図を眺めてイメージで覚えよう中学の社会の授業や、中学受験の試験問題をはじめ、日本の地理を学ぶ上で必ず出てくるのが「扇状地」です。当記事では、扇状地の意味やでき方など、扇状地の特徴について整理してみました。また、扇状地と間違いやすい「三角州」との違いや、扇状地に果樹園が多い理由について考えてみました。さらに、日本の有名な扇状地についてもご紹介します。
扇状地の意味
扇状地とはどんな地域を指すのでしょうか?
 
扇状地とは地形を表す言葉で、川が山地から平地へ流れるときに、土砂などが堆積して扇のような半円錐状の形を作った地形を指します。
扇状地のでき方
山の中の川は、川幅が狭く流れが早いため、勾配がきつく流れに勢いがあり、岩や石なども一緒に運んでいきます。しかし、川が山間部を抜けて平地に出てくると、川幅が広がって傾斜が低くなり、流れが緩やかになります。すると、土砂を運ぶ力が小さくなり、山から流れてきた岩や石が平地に堆積していきます。これが長い年月を経て放射状に広がり、独特の扇のような地形ができあがります。これを、扇状地と呼びます。
扇状地ができる条件として、上流の山地が急斜面であること、下流の地域では土砂が堆積して川が自由に流れを広げられるような広大な地域であるこ

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました