江戸時代に、堂島の米相場の情報を「旗振り通信」で別の都市まで伝えてた

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
江戸時代には、米相場の情報を伝えるために「旗振り通信」が行われていたことがわかり話題になっています。
「旗振り通信」とは
江戸時代中期から明治期にかけての日本で、山や高台で昼間は旗、夜間は松明などを使って米相場を伝えるために通信システム。

江戸時代に、堂島の米相場の情報を「旗振り通信」で別の都市まで伝えてたっていう話がめっちゃ好きなんですよね山頂など見晴らしの良いところで何箇所も中継することで、京都まで4分、広島まで27分で伝達可能だったそうで pic.twitter.com/soJSEyd2G9
— pironnu (@geronnu) November 13, 2020



googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1567409033325-0'); });




googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1567409060021-0'); });










ネットの反応
ナポレオンの勝利を腕木通信で伝えた話があるけど江戸時代に存在したとは… pic.twitter.com/Acoev4fBw9
— 鈴木課鈴木コース (@S

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました