11/13

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
ここ半月、1日の勉強時間が6時間を切っている。僕は数学1A2B→物理→という順番で勉強を始めるので、幸いその2科目には毎日触れられている。勉強もせずに何やってんだ、という事になる。睡眠か読書である。YouTubeとかネットに耽ってるわけじゃない分、罪悪感もあまり生まれにくい。良いのか悪いのか...。睡眠に関しては、勉強中に眠くなるのではなく、朝が起きれなくなってきている。「今日はたまたま」「今日はたまたま」を繰り返していたらいつのまにか15時あたりに起きるのが習慣になってしまった。今日もマッサージチェアの上で寝ていたら見事な11時間睡眠で14時に起きた。そこまで疲れるようなことはしてないと思うのに。寝返りが打てないとかそういう問題かな?本は本で、月の頭までは安部公房とか村上龍とかジョージオーウェルを読んでいたりしたが、最近は志望する学部に関係のある本を読むようになった。今は工学×介護、工学×福祉をテーマに大学で学びたいなと思っているので、先日終末医療や福祉工学の本を買い込んだ。まだ届いてはいない。話が変わるが、化学は暗記事項が出てきたらその場で覚えた方が、先に進みやすいね。理解ができずに嫌になる、なんて事にもなりにくい。日本史は後回しでも良いんだけど、化学は詰まってしまうな。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました