僕は、こんな気持ちで英語塾キャタルを作りました

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
逃げるようにして辞めた投資銀行入社4年目の僕は、仕事に本気になれずに、ただ自分はもっとできるんだと言う根拠のない、自己肯定感を抱えながら、半ば逃げるようにメリリンチを辞めていました。当時世の中からはもてはやされていたインベストメントバンカーという仕事は、給料もステイタスも高かった分、自分にそれだけの価値がないことも気づいていました。だからこそ何か価値があることをやらなきゃ、会社というメッキを剥がしたら価値がない自分だけが残ってしまうという危機感がつのり、気がついたら会社を辞めていました。ただ、同時に大きな使命感も持っていました。それは英語ができると人生が変わるということを、大学に入ってからまざまざと見せ続けられたことがきっかけに、なんとか次の世代には同じ思いをさせたくないという思いです。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました