アメリカ留学までのサイドストーリー

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
 アメリカの大学院に留学をして理学療法の臨床博士号も取得しました。それまでのサイドストーリー。過程の方が今の学位を取り終わった状態よりも面白い、のか?それまでの過程をインタビューで掘り起こしてもらいました。ちょっとおもしろいなと思っていただけたら、後半の有料部分もお読みいただけると嬉しいです!英語の勉強の履歴、フィリピンで財布と携帯とパスポートを盗まれた話やアリ事情などについても語っています!私の行っている仕事や経歴はこちらインタビュアーの宮川さんのセブ島留学の記事はこちら初めての海外宮川:留学について色々な質問していきたいと思います。アメリカに行く前、渡航する前のお話になるのですが初めて海外に行ったのはいつですか?須賀:初めて海外に行ったのはブラジルに高校1年生の時に行きました。当時のクラブチームではレギュラーじゃなくていなくても大丈夫みたいな感じだったのもあって。それとブラジルってサッカーの本場だから当時三浦知良選手とか色々行っていて、ブラジルが上手くしてくれるだろうってその時は思っていました。それで夏休みに3週間ちょっとサッカーしにブラジルへ行きました。単身というかは何人かその時にサッカー雑誌とか見れば申し込めるみたいな感じで、自分はクラブチームの監督とそのチームが関係していて行くことが出来ました。他の雑誌とかのルートから来た方達とかもいて、最大日本人8人くらい、少ない時は3

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました