小4理科「もののあたたまり方」指導アイデア

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
執筆/福岡県公立小学校教諭・大家実鶴編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、福岡県公立小学校校長・福田修二

写真AC

単元のねらい

熱の伝わり方に着目して、それらと温度の変化とを関係付けて、金属、水及び空気の性質を調べる活動を通して、それらについての理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主に既習の内容や生活経験を基に、根拠のある予想や仮説を発想する力や主体的に問題解決しようとする態度を育成します。

単元の流れ(総時数 8時間)

一次 金属の温まり方(3時間)

生活のなかで、ものを温めた経験について話し合い、金属の熱の伝わり方と温度変化とを関連付けて金属の温まり方を調べる。(3時間)

二次 水と空気の温まり方(5時間)

①水の熱の伝わり方と温度変化とを関連付けて水の温まり方を調べる。(2時間) (1)示温テープを使って、水の温まり方を調べる。 (2)削り節を使って、水の温まり方を調べる。②空気の熱の伝わり方と温度変化とを関連付けて空気の温まり方を調べる。(2時間) ③温まり方の特徴を生かした道具やその使い方を調べ、単元をまとめる。(1時間)

単元デザインのポイント

見方 主として「質的な見方」

金属、水及び空気は、それぞれ温まり方が違うのかという質的な見方を働かせる。

考え方

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました