冬休みの『生活リズムづくり』に冬期講習が最適なワケ

幼稚園・小学校
意外と短いのに、楽しみなイベントや行事が盛りだくさんなのが冬休み。クリスマスにお正月、見逃せないテレビの特番などなど…。何となく過ごしていると、あっという間に新学期が来てしまいます。学校があるときは学習習慣がついているというお子さまでも、冬休みは楽しいイベントなどがいっぱいでついつい勉強のペースが乱れてしまいがち。
そこで今回は、冬休みに生活・学習のリズムを乱さないための方法についてアドバイスします!
 
学習目標に具体性はありますか?
「2学期に学んだ範囲の復習をしっかりやろう」「宿題は早めに済ませよう」
 
冬休みに入る前、お子さまと一緒にこんな目標を立てたことがあるという保護者の方は多いのではないでしょうか。周りが何も言わなくても冬休みが始まる前に、お子さま自身が宿題も含めた自分の学習課題を計画し、勉強を進めることが理想です。とはいえ、現実はそう簡単にはいきませんね。
 
では、うまくいかない理由は何でしょう。
まず確認が必要なのが計画の具体性です。上の目標を例に見てみましょう。
「2学期に学んだ範囲」というのは、教科書の単元の「どこからどこまでの範囲」なのか不明確です。また、冬休みが終わるまでにどれだけの量を復習すれば「しっかり」と言えるのかも分かりません。「いつ、何を、どのくらい」学習するかが実は何も決まっていないのに、気分だけは計画を立てた

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました