グルグルアプローチ パート1 誰しも「バラバラ問題」を抱えている!

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
タテのものをヨコにしたり、ヨコのものをタテにしたりするだけじゃない。ひとつの起点にこだわらず、いくつかの起点を柔軟に入れ替えながら、「つくって」「こわして」を繰り返して、もっともおさまりのいいアイディアを採用する。「グルグルアプローチ」は、単なるライティングの手法ではありません。ひとつの生き方なんです。以前、英語のライティングクラスを担当していた頃、自分のクラスに二つのタイプを発見しました。私は、それらを心の中で「マニュアル型」「マイペース型」と呼んでいました。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました