職業、日本語教師です

塾・教職ニュース
日本人と初めて会った時に、何気に職業の話になりますよね?それで、「日本語教えています。」と言ったら、必ず言われるのが、「え〜、じゃ、英語話せるんでしょ?」とか「日本語教師は英語が話せないといけないでしょう?」ということ。いや〜、15年もやっているとマジでよく聞かれる。正直、オーストラリアの大学院で修士取っておきながら、英語は大して自信はない。理想が高いのかもしれないけど、中学、高校の英語コンプレックスを引きずっている。それで、実際に日本語教師は英語が話せないとなれないか?というとそうじゃない。私が今まで教えた日本の認定校では、日本語を日本語で教える直説法だったから、英語が話せなくても教えることができるし、外国語が話せない先生もたくさんいた。そして思うのは、この直接法だけで教えることができたら、怖いものなしってこと。だって、どこの国の学習者にでも対応できるからね。教師が英語が堪能でも、学習者はわからないこともある。続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました