暗記の落とし穴

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
月3で通っている韓国語教室へ行ってきました。今日は全然話せなくて悲しくなりました。スピーキング力が一番低いのですがまぁまぁ話せる日と終始もどかしい思いをする日とあります。スピーキングやライティングなど自分から韓国語を発信する時、単語の覚え方に問題があるなーと心底感じますね。例えば「いつものように」と言いたいとき항상처럼と言ってしまいました。正解は평소처럼とのこと。처럼は「〜のようだ」の意味があり、"いつも"は항상だからそのまま合体させました。辞書では항상も평소も"いつも"の意味があります。辞書で詳しく見ると항상は常に、恒久평소は平素、普段←習慣的な感じと書かれています。いつもと変わらない風景いつも日記を書いています韓国語ではそれぞれ使い分けないといけないんですね、"いつものように〇〇しました。"だと習慣的な意味が含まれてるので평소の方が正しいですよね、意味だけではなく使い方まで覚えないといけませね。このように使い分けがわからない時は韓国語→英語で変換するのがオススメです。항상 =いつも=always평소=いつも=usuallyこういったニュアンスを掴むのがいわゆるセンスってやつなのかもしれません항상=いつも편소=いつもと覚えた落とし穴でした。그럼 続きをみる
Source: NOTE教育情報

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました