文法を正しく話す方法:数があいまい

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
こんにちは。元アメリカの大学のスピーキング講師だった英語コーチ高橋です。月木に、TOEIC600以上の方に向けて、スピーキング力アップの記事を書いています。自己紹介はこちらから:この文法を正しく話すシリーズ、説明はこちら(無料記事)。購入してやり方がよくわからない方には、1時間無料のコンサル、ズームでつけます。申し込み方法は、記事の最後をご覧ください。お一人一回まで。===========================今回は最終回です。話して居る時、数があいまいになってしまう原因は、二つ、気をつけるべきことは、三つあります。まず原因の①:名詞の可算、不可算がよくわかっていない。それに付随して、可算なら、複数形になった時、どういう形になるのか、よくわかっていない。不規則に変化するもの、単複同形の物がありますね。例)An apple ->applesと通常の変化をするものA child->Childrenと変った形になるものDatum->DataとかStimulus ->Stimuli等になるものSalmon->Salmonと同型なもの不可算の名詞だと、それを数えるユニットがいりますね。どの名詞に、どれを使うのかご存じですか。例)A pair of pants, a loaf of bread, a piece of cheese, a glass of mi

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました