英語の歌をうたいたい

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
英語を勉強している。同僚からテキストを借りたので読み進めていくと、だんだん英語の輪郭がわかるようになってきた。今読んでいるのは、英語の教え方のテキストだ。そもそも英語を理解をしていないのに、教え方について学んでいるのは順序があべこべな気がする。しかし、教え方の種類や、メリット、デメリット、また教え方についての変遷や議論されている部分も含めて、学ぶのは楽しい。例えば、フォニックスという英語の読みの覚え方がある。これは、アルファベットに発音を対応させていく方式だ。日本語の「あいうえお」と同様に英語の「ABC」にもそれぞれ音があるので、それに沿って読む。ただ、この読み方は「Eight」などの例外があることも理解しながら進めなくてはならない。「E」が「エ」はまだしも「ight」で「ィト」と読むのは無理があると思う。しかし、この「ight」はたくさん出てくる。……わかった。じゃあ、そう読もう。そんな具合で、初めて見たスペルでもゆっくりと発音を掴むことができる。bookにはbとkの間に、音があるのだ。ちっちゃい「ツ」とか、詰まる音ではなくて、bookの「oo」は「ʊ」だ。「う」だか「お」だかよくわからない音がある。詰まる音とか、一泊置くとか促音と呼ばれるものではない、全く別の音が隠れていた。私は道端で拾った石を手の中で転がすみたいに何度も何度も「book」「book」と繰り返した。小さな「う」

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました