「金剛力士像」の意味や役割とは?特徴や魅力、有名な寺院もチェック!【親子で日本文化を学ぶ】

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次金剛力士像とは?金剛力士像の特徴東大寺の金剛力士像を作った人は誰?東大寺の金剛力士像、ここがすごい!東大寺以外の金剛力士像金剛力士像のフィギュアのおすすめ時代が変わっても圧倒的な存在感を放つ金剛力士像迫力ある強面とたくましい体が印象的な、東大寺南大門(奈良県)の金剛力士像。相手を威圧する勇ましい姿や、そのイケメンぶりに、子どもから大人、女性まで、幅広いファンがいることでも有名です。そんな金剛力士像とはどのようなものなのか、意味や役割、特徴や魅力に迫ってみます。また、東大寺の金剛力士像を作った人物が誰なのか、さらに、東大寺以外の金剛力士像や、おすすめのフィギュアもあわせてご紹介します。
金剛力士像とは?
東大寺 金剛力士像(阿形像)
 
「金剛力士像」と聞いただけではピンとこなくても、その姿を見れば、インパクトのある面持ちや迫力から、だれもが一度は写真などで目にしたことがある古像だと気づくでしょう。そんな金剛力士像とは、一体どんなもので、どんな役割があるのでしょうか?
読み方
「金剛力士像」は「こんごうりきしぞう」と読みます。金剛力士像は「仁王・二王(におう)」という別名もあり、「仁王像」と呼ばれることもあります。2体で1組となっていることが多く、1つは阿形(あぎょう)像、もう1つを吽形(うんぎょう)像と言います。
意味・役割
金剛力士像は寺院の門などに安置されることが

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました