小3体育「器械体操(跳び箱運動)」指導のポイント

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
執筆/滋賀県公立小学校教諭・森山大輔編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、滋賀県公立小学校教頭・内藤康司



授業づくりのポイント

三年生では、開脚跳びや台上前転などの基本的な技を初めて学習します。そのため、技に必要な体の動かし方や運動感覚が身に付くように、低学年で学習した運動遊びを取り入れ、技への不安感をなくすようにしましょう。また、跳び箱運動では、「踏切り-着手-着地」までの動きが身に付くようにしていくことが大切です。一連の動きや感覚を言語化(合言葉化)し、友達の口伴奏に合わせて運動に取り組むなど、友達と声をかけ合い、楽しみながら技の学習を進めていけるようにしましょう。

単元計画(例)

運動感覚づくりを楽しみながら行い、そこで身に付けた動きや感覚を生かして、開脚跳びやかかえ込み跳び、台上前転に挑戦していこう。

クリックすると、別ウィンドウで開きます。

※本実践は、跳び越す感覚と回転する感覚が違うため、「切り返し系の技」と「回転系の技」を単元の前半と後半に分けて扱い、安全に指導できるようにしています。

楽しむ①  跳び箱名人への道①~開脚跳び、かかえ込み跳びに挑戦だ!~

単元前半では、切り返し系の技である開脚跳びやかかえ込み跳びの技を学習します。ここでは、運動感覚づくりとして、下図のような場を用意し、低学年で学

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました