歴史と経済91〜教師〜

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教師は生徒の将来を気がかりにする。そこにある種死力を尽くして、超人的に努力できる人種だとも言える。コスパに基づいた労働感覚とは一線を画する部分がある。コスパがマイナスでも子どもの成長に懸けられないとこなせない仕事であろう。そして、準備した分だけ報いがある職業でもある。場合によっては、卒業式を除けば苦労し通しだということも少なくない。しかし、その教師の苦労を見ながら、生徒は生きる力を獲得していく。実際に、生徒の人生そのものを変えてしまったり、大きな影響を与えてしまうことが起こりうる。この先生に出会わなかったら今、これを勉強していないだろうということも起きてくる。この先生に出会っていなかったならば、今この場所には立てていないということが起こってくる。良くも悪くも色々あったけど、その色々が思い出に教師の印象以上に生徒の中に残っているということがある。授業における知識の伝達というものは、教師の授業スキルだけに支えられるものではない。クラス同士で意見交流をする場合、当然基盤となる人間関係次第によって、知識の伝達効率は違ってくるだろう。その知識を多面的に考えられる学習環境かどうかは、大きな要素となる。そして、そのクラスがどんな指導者によって統率されているかで、クラスの人間関係は変わる。授業準備や学級経営など、教師の陰ながらの苦労を生徒は感じ取る。そして、教師のその姿勢に感化され、ついていこうと

リンク元

スポンサーリンク
塾・教職ニュース
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました