「楓」の名前、春生まれの子に付けても大丈夫?漢字の意味や由来を解説

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
目次「楓」の由来と意味名付けで気を付けることとは?「楓」を使ったおすすめの名前美しい木々を思わせる「楓」を名前候補に!
赤ちゃんに付ける名前の候補として、男女共に人気の漢字「楓」。楓は古来より日本に自生し、初夏の新緑や秋の紅葉の美しさで知られる木の名前でもあります。そんな「楓」は秋生まれの子に付ける名前として人気ですが、春や他の季節が誕生日の子どもにも名付けられるのでしょうか?  今回は、楓の漢字の意味や由来をご紹介。名前としての楓がどのような意味を持つのかも解説し、楓の字を使ったおすすめの名前もご紹介します。
「楓」の由来と意味
楓という漢字は、どのような意味や由来を持つのでしょうか。また、名前にしたときはどんな意味や願いが込められるのでしょうか。
「楓」の由来とは
「楓」は木へんと「ふう」の読みをあらわす風から成る形成文字。古来より日本に自生する木の名前で、独特な葉の形が特徴的です。春は美しい若緑の葉を付ける楓ですが、秋に赤く色付く種には紅葉(もみじ)の名が与えられているものもあります。
楓は中国より伝来した植物の名前ですが、日本と中国で指す木が違い、日本語での読みは「かえで」「かつら」「ふう」などと読みます。日本固有の読み方である「かえで」は、もともとその葉の形が蛙の手に似ていたことから「かへ(え)るで」と呼ばれていたことが由来です。
楓は名前ではどんな意味?
俳句や詩でそ

リンク元

スポンサーリンク
幼稚園・小学校
教職速報-講師のためのお最新役立ちアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました